利尿作用がある食品や野菜についてご紹介します!

利尿作用のある食物

尿意が強くて我慢できない、誰でも経験があると思います。こうしてトイレに無意識に行くのは単純に摂取している水分が多いからです。
日常生活中、尿が近い原因としては飲み物や食べ物などの食品の水分が多いということです。
利尿作用が強い食べ物はどんなものでしょうか?
このような類の食物の同じ特徴としてはカリウムという物質がたくさん含まれています。
大体は五つの類に分けられます。

果物(リンゴ、バナナ、メロン、ナシ、桃、スイカ、ぶとうなど)
野菜類(かぼちゃ、人参、ホウレンソウ、ゴボウ、冬瓜、トマト、セロリ、春菊など)
イモ類(サツマイモ、ジャガイモ、サトイモなど)
豆類(枝豆、インゲン、納豆、きな粉、豆腐など)
海草類(わかめ、海藻、昆布、アオサなど)
この五類の食物の中にカリウムが多く含まれています。

日本の成人の一日カリウムの摂取量は男性は約2500mg、女性は約2000mgと言われています。
普通の生活中、毎日肉と野菜など混ぜて食べると思いますが、もしその中で利尿効果が得たい場合は、野菜を多めに食べることをお勧めます。
そういう食べ方は利尿作用だけではなく、浮腫みの解消、降圧作用も非常に効き目があると言えます。
上記書いた利尿食材をバランスよく摂取していると、自然と尿意が起こり余分な水分を体から排泄することができます。

それに対して、飲み物の水分量が食べ物より多いというのは常識だと思います。
でも、利尿作用が強いものはどんな飲み物でもよいというわけではありません。
世界中で最も健康的な利尿効果がある飲料はお茶です。
なぜというと、茶は新陳代謝を促進して、体の血流を順調に循環できる功能を持ってます。
しかも、茶の成分の中にカリウムも含まれています。

代表的なものは黒豆茶やゴボウ茶および杜仲茶です。
これらは血行を促進し、浮腫みの改善や美容につながります。
コーヒーもその利尿効き目がありますけれども、お茶より効き目が著しくないと思われます。
ダイエットや美容、降圧などの功能が含まれていません。
あとはジュース、豆乳なども利尿作用も持ってます。
食品中の利尿機能を発揮する時に、自分の体に相応しい食材を選んだら、効果が予想より高くなるかもしれません。